top of page
アドラー心理学入門

アドラー心理学入門

岸見一郎

1996

自己開発

平均評価 4.8 /5

 PHABRIQ レビュー

『アドラー心理学入門』は、岸見一郎が執筆したアドラー心理学の基本概念をわかりやすく紹介する一冊です。アルフレッド・アドラーの思想を基に、人間の行動や感情の理解を深め、より良い人間関係を築くための実践的なアプローチを提供しています。 岸見は本書で、アドラー心理学の中心的なテーマである「目的論」、「劣等感」、「共同体感覚」を丁寧に解説しています。特に、行動がすべて目的に基づいているとする目的論の説明は、読者が自己理解を深めるための重要なポイントです。過去の出来事よりも現在の目的が重要であるという考え方は、新たな視点を提供してくれます。 劣等感についても詳細に説明されており、アドラーの視点からそれを克服し成長の原動力に変える方法が紹介されています。また、「共同体感覚」を通じて、他者との協力や社会的つながりの重要性が強調されており、読者は他者との健全な関係を築くための具体的な方法を学ぶことができます。 岸見の解説は具体的な事例や日常生活での応用例が豊富で、アドラー心理学を初めて学ぶ人でも理解しやすい内容となっています。本書は、自己理解や人間関係の改善を目指す全ての人にとって価値ある一冊です。アドラー心理学の基本を学びたい方に、最適な入門書として強くお勧めします。

本のサマリー

『アドラー心理学入門』は、岸見一郎が書いた、アドラー心理学の基本概念をわかりやすく解説した入門書です。アルフレッド・アドラーの思想を基にした心理学の体系であるアドラー心理学は、人間の行動や感情を理解し、より良い人間関係を築くための実践的なアプローチを提供します。 本書では、アドラー心理学の主要なテーマである「目的論」、「劣等感」、「共同体感覚」などについて詳述しています。アドラーは、人間の行動はすべて目的に基づいているとし、過去の出来事よりも現在の目的が重要であると主張します。これにより、読者は自己理解を深め、望む未来を創造するためのヒントを得ることができます。 また、劣等感についても触れられており、アドラーは劣等感を克服し、成長の原動力に変えることができると説いています。さらに、「共同体感覚」という概念を通じて、他者との協力や社会的なつながりの重要性が強調されています。これにより、読者は他者との健全な関係を築くための具体的な方法を学ぶことができます。 岸見一郎は、具体的な事例や日常生活での応用例を豊富に交えながら解説を進めており、アドラー心理学を初めて学ぶ人でも理解しやすい内容となっています。『アドラー心理学入門』は、自己理解や人間関係の改善を目指す全ての人にとって、価値ある一冊です。アドラー心理学の基本を学びたい人にとって、最適な入門書となるでしょう。
お勧めの本

1936

人を動かす

2013

嫌われる勇気

1984

影響力の武器

1937

思考は現実化する

2012

人生を変えるモーニングメソッド

2017

最高の休息法

2011

心を整える。

2015

ホモ・デウス

1997

人生を変える80対20の法則

2016

グリッド

2021

限りある時間の使い方

2013

ゼロ秒思考

2006

マインドセット

1925

幸福論

2019

自己肯定感の教科書

2010

シンプルに生きる

2016

生涯投資家

2017

ピークパフォーマンス

2019

スマホ脳

2015

筋トレが最強のソリューションである

2017

ストレスフリー超大全

2020

本当の自由を手に入れるお金の大学

2019

世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?

2000

プロフェッショナルの条件

2011

毎日がときめく片づけの魔法

2013

自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと

2011

知識ゼロからの哲学

2002

ポジティブ心理学

1981

ハーバード流交渉術

2010

マインドフルネス

2013

強いチームをつくる

1928

成功の哲学

2001

影響力の科学

2007

夢をかなえるゾウ1

1999

考える力

1985

モチベーションアップ

2018

1つの習慣

1966

プロフェッショナルの思考法

1996

アドラー心理学入門

2014

エッセンシャル思考

2018

アウトプット大全

1989

7つの習慣