top of page
1つの習慣

1つの習慣

ジェームス・クリア

2018

自己開発

平均評価 4.8 /5

 PHABRIQ レビュー

『1つの習慣』は、ジェームス・クリアによる自己啓発書で、日常の小さな習慣が大きな成果を生む過程を丁寧に解説しています。クリアは「アトミック・ハビット」という概念を提唱し、微小な行動の積み重ねがどのようにして大きな変化をもたらすかを詳述しています。本書の魅力は、理論だけでなく実践的な手法も豊富に紹介されている点です。 まず、クリアは環境整備の重要性を説き、行動のトリガー(きっかけ)を設定することで、習慣化が容易になると説明しています。さらに、小さな成功体験を積み重ねることで、自己効力感を高める方法も紹介されています。これにより、読者は無理なく持続的に良い習慣を身につけることができます。 本書では、悪習慣を断ち切るための戦略や、良い習慣を続けるための心構えについても詳しく触れています。クリアの提案するシステムは、シンプルで実践しやすいものであり、誰でも日常生活に取り入れやすい内容です。また、具体的な実例や科学的な研究を引用することで、説得力を持たせています。 全体として、『1つの習慣』は、自己改善や目標達成を目指すすべての人にとって、有益な指針となる一冊です。クリアの明快な語り口と実践的なアプローチは、読者に新たな視点とモチベーションを提供してくれるでしょう。習慣の力を理解し、それを活用する方法を知りたい方には、ぜひ手に取っていただきたい本です。

本のサマリー

『1つの習慣』は、ジェームス・クリアによって執筆された自己改善に関する書籍であり、個々の小さな習慣がどのようにして人生を劇的に変えるかを探求しています。本書は、成功を収めた多くの人々の事例を基に、微小な習慣の積み重ねが大きな成果をもたらすことを強調しています。 クリアは、「習慣は1%の改善から始まる」と主張し、小さな変化が長期的には大きな影響を与えると説明しています。彼は「習慣の4つの法則」を提案しており、これらは習慣を形成しやすくするための具体的な方法です。これらの法則には、習慣を「明確にする」「魅力的にする」「簡単にする」「満足させる」が含まれます。 本書はまた、悪習慣を取り除く方法や、良い習慣を維持するための具体的な戦略についても詳述しています。例えば、環境を整えることで新しい習慣を取り入れやすくしたり、目標を具体的かつ達成可能なものに設定することが推奨されています。 『1つの習慣』は、自己改善を目指す人々にとって実践的かつ効果的なガイドであり、持続的な変化をもたらすための強力なツールを提供しています。この本は、小さな一歩が大きな成功へとつながることを示し、読者に新たな視点を提供します。
お勧めの本

1936

人を動かす

2013

嫌われる勇気

1984

影響力の武器

1937

思考は現実化する

2012

人生を変えるモーニングメソッド

2017

最高の休息法

2011

心を整える。

2015

ホモ・デウス

1997

人生を変える80対20の法則

2016

グリッド

2021

限りある時間の使い方

2013

ゼロ秒思考

2006

マインドセット

1925

幸福論

2019

自己肯定感の教科書

2010

シンプルに生きる

2016

生涯投資家

2017

ピークパフォーマンス

2019

スマホ脳

2015

筋トレが最強のソリューションである

2017

ストレスフリー超大全

2020

本当の自由を手に入れるお金の大学

2019

世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?

2000

プロフェッショナルの条件

2011

毎日がときめく片づけの魔法

2013

自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと

2011

知識ゼロからの哲学

2002

ポジティブ心理学

1981

ハーバード流交渉術

2010

マインドフルネス

2013

強いチームをつくる

1928

成功の哲学

2001

影響力の科学

2007

夢をかなえるゾウ1

1999

考える力

1985

モチベーションアップ

2018

1つの習慣

1966

プロフェッショナルの思考法

1996

アドラー心理学入門

2014

エッセンシャル思考

2018

アウトプット大全

1989

7つの習慣