top of page
7つの習慣

7つの習慣

スティーブン・R・コヴィー

1989

自己開発

平均評価 4.6 /5

 PHABRIQ レビュー

『7つの習慣』は、スティーブン・R・コヴィーによる自己啓発書で、多くの人々に影響を与えた名著です。本書は、個人や組織が効果的に目標を達成するための原則を具体的に解説しています。コヴィーの提唱する「7つの習慣」は、自己改善とリーダーシップの基盤となるものであり、どの習慣も深い洞察と実践的なアドバイスに満ちています。 第一の習慣「主体性を発揮する」は、自分の行動や態度に責任を持つことを教えており、自分自身の成長の第一歩となります。第二の習慣「終わりを思い描くことから始める」は、明確な目標設定の重要性を強調し、ビジョンを持つことの大切さを説いています。第三の習慣「最優先事項を優先する」は、時間管理と優先順位の設定についての実践的なガイドです。 さらに、第四の習慣「Win-Winを考える」は、相互利益を追求する思考法を育み、第五の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」は、効果的なコミュニケーションの基本を示しています。第六の習慣「シナジーを創り出す」は、協力して相乗効果を生むことを強調し、最後の第七の習慣「刃を研ぐ」は、自己更新とバランスの取れた生活の維持を推奨しています。 本書の魅力は、具体例や実践的なアドバイスが豊富であり、読者が日常生活にすぐに応用できる点です。コヴィーの明確な語り口と深い洞察力は、読者に新たな視点と行動の動機を提供します。『7つの習慣』は、自己成長や目標達成を目指す全ての人にとって、極めて有益な一冊です。

本のサマリー

『7つの習慣』は、スティーブン・R・コヴィーによって書かれた自己啓発書で、個人や組織が効果的に目標を達成するための原則を紹介しています。本書は、自己改善とリーダーシップに関する定評のあるガイドとして広く知られています。 コヴィーは、効果的な人々に共通する「7つの習慣」を提唱しています。第一の習慣は「主体性を発揮する」で、自分の行動や態度に責任を持つことの重要性を説いています。第二の習慣「終わりを思い描くことから始める」は、目標設定の重要性を強調し、人生のビジョンを明確にすることを促しています。第三の習慣「最優先事項を優先する」は、時間管理と優先順位の設定に焦点を当てています。 第四の習慣「Win-Winを考える」は、相互利益を追求する姿勢を育むことを推奨しています。第五の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」は、効果的なコミュニケーションの基礎として、他者の意見を尊重することの重要性を説いています。第六の習慣「シナジーを創り出す」は、協力して相乗効果を生むことを強調しています。最後の第七の習慣「刃を研ぐ」は、自己更新とバランスの取れた生活の維持を推奨しています。 これらの習慣を実践することで、個人は自己の成長と成功を達成し、組織は効果的なチームワークとリーダーシップを実現することができます。『7つの習慣』は、人生における持続可能な変革を目指す全ての人にとって、必読の一冊と言えるでしょう。
お勧めの本

1936

人を動かす

2013

嫌われる勇気

1984

影響力の武器

1937

思考は現実化する

2012

人生を変えるモーニングメソッド

2017

最高の休息法

2011

心を整える。

2015

ホモ・デウス

1997

人生を変える80対20の法則

2016

グリッド

2021

限りある時間の使い方

2013

ゼロ秒思考

2006

マインドセット

1925

幸福論

2019

自己肯定感の教科書

2010

シンプルに生きる

2016

生涯投資家

2017

ピークパフォーマンス

2019

スマホ脳

2015

筋トレが最強のソリューションである

2017

ストレスフリー超大全

2020

本当の自由を手に入れるお金の大学

2019

世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?

2000

プロフェッショナルの条件

2011

毎日がときめく片づけの魔法

2013

自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと

2011

知識ゼロからの哲学

2002

ポジティブ心理学

1981

ハーバード流交渉術

2010

マインドフルネス

2013

強いチームをつくる

1928

成功の哲学

2001

影響力の科学

2007

夢をかなえるゾウ1

1999

考える力

1985

モチベーションアップ

2018

1つの習慣

1966

プロフェッショナルの思考法

1996

アドラー心理学入門

2014

エッセンシャル思考

2018

アウトプット大全

1989

7つの習慣